忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
セラピスト開業・独立サポート講座プロジェクト
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007年9月27日、全て一桁にすると999になります。
そう、今日は999の日なんです。9日、18日に続けて3回目です。
9は完成や完結を現す数です。そして、今日は満月。
終わりと始まりの日です。願いが叶い易い日でもあるんですよ。


さて、インナーチャイルドの癒しの先って
いったいどうするんでしょう?

癒しの次に受けたワークショップやセミナーで
インナーチャイルドを、育てて成長させたり
振り回されるのを止める、ことも必要だと知りました。

ちょっと、目からウロコの発想でした。

そう、インナーチャイルドは、言葉の通り「子供」です。
だから、癒されても人格は子供のままです。
傷ついて閉じこもったり、パワフルでも閉じ込められていると
その子供目線で、副人格を作り
彼らの視点での思い込みも持っています。

その中には、大人の自分にとっては
役に立たないものもありますよね。
「世界は安全じゃない」
「周りは怖い人ばかりだ」
「誰もわかってくれない」etc.

この思い込みが残っていて影響を与えると、困りますよね?
そうすると、思い込みを転換したり、解放した方がいい。


最近は、イメージワークやヒプノ、NLPなど
有効な方法がありますので、以前より
思い込みの書き換えは実は簡単になっています。

だから、自分に合う方法で変えていいんです。
最近は、そうおっしゃるセラピストさんもとても増えています。


そして、子供の人格はともすると
だだをこねたりわがままを言ったりもします。
癒し始めの時は、その声を聞いて
できることをすることもあると思います。

でも、一段落したら
今度は自分が親になって育て直す必要があります。
そうではないと、インナーチャイルドが暴走したり
癒しの気持ちよさから、甘え続けたい・・・
に変わってしまうこともあるのです。
そうすると癒しではなく、甘やかしになってしまいます。
インナーチャイルドをたいせつにする、と
インナーチャイルドを甘やかして翻弄されるのは
似ているようで、違うものです。

感情が暴走はインナーチャイルドの暴走でもあります。
感情に振り回されるのを止める!
インナーチャイルドに翻弄されるのを止める!
と決めると、意識はその方向に向かっていきます。

実際にお子さんのいる方は
いつもいつも甘やかすわけではありませんよね?
自分のインナーチャイルドでも躾けが必要にもなってくるんです。

例えば、クレヨンしんちゃんや、ちびまるこちゃんが
あのまま大人になったら、キャラとしては面白くても
ちょっと困りませんか?
彼らの性格を持った大人と、そのまま大人になるのは大違いです。


最近は、アダルトチルドレンセラピー等でも
「インナーチャイルドを成長させるには」も取り入れています。

もちろんインナーチャイルドの声には
たくさんのギフトが隠されています。
彼らの純真無垢な面は、大人になっても必要でもあります。

それも生かした上で、現在を生きる大人の自分であれたら
より素敵な人生を送れることでしょう。

インナーチャイルドの癒しが終わったら
その先は大人の自分が人生を自由にクリエィトしていくのだと
いうセラピストさんも、やはり増えています。

私自身が、癒しの次のステップのワークショップ等を受けるよ
うになってから、徐々にインナーチャイルドや感情に
に翻弄されることは減っていきました。

もちろん、時々ぶれることはあります。
でも、大きく揺らぐことは減っていきます。

そうすると、普通の生活も楽しくなります。
今の自分を好きになれるからなんだと思います。


「あなたの可能性を開くインナーチャイルドワーク」
http://hermite.konjiki.jp/index.html



PR
≪  38  37  36  35  34  33  32  31  30  29  28  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  38  37  36  35  34  33  32  31  30  29  28  ≫
HOME
忍者ブログ [PR]